イマコト

最新の記事から注目のキーワードをピックアップ!

Pickup keyword

人工透析

腎不全が進行し、腎臓が機能しなくなった場合に、血液を浄化する治療。 血液透析と腹膜透析の2種類があるが、一般には前者のことのみを指して言われることが多い。実際日本では人工透析を行う患者の約96%が血液透析両方を受けている。 血液透析では、一般的に週3回専門の施設に通い、1回4時間かけて治療する。 腹膜透析では、お腹にカテーテル(チューブ)を挿入し、毎日自分で4回程度、液を交換を行って治療する。

  • 帝人ファーマ、米国・アムジェン社と新規腎疾患治療薬の共同研究・ライセンス契約を締結

    新規腎疾患治療薬の創製に向けて 米国・アムジェン社と共同研究・ライセンス契約を締結  帝人ファーマ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:宇野 洋)は、このたび世界的な医薬品メーカーであるAmgen Inc.( http://www.amgen.com/) (本社:米国カリフォルニア州、以下「アムジェン社」)と新規腎疾患治療薬に関する共同研究・ライセンス契約を締結しました。 1.背景  (1)腎臓は、体内の老廃物を尿として排出したり、水分や電解質のバランスを調節することで体内環境を一定に保つ重要な臓器です。腎機能が低下して末期腎不全に陥ると、人工透析や臓器移植などが必要となり、患者さんのQOLが著しく低下するため、有効性および...

  • ニプロ、医療機器事業強化で韓国の医療機器販売会社へ出資

    韓国 医療機器販売会社への出資に関するお知らせ  このたび当社は、韓国における人工透析関連商品を中心とした医療機器事業の成長戦略を加速させるため、韓国の医療機器販売会社である東徳医療器株式会社(以下、「東徳医療器」)の第三者割当増資を引き受ける形で出資を行い、合弁会社「ニプロ東徳医療器株式会社」と名称を改めることといたしましたのでお知らせいたします。      記 1.出資の目的  当社は、医療機器事業のグローバル展開を推進しており、韓国においても人工透析関連商品の販売およびサービスの提供を中心に事業展開を行ってきました。  今般、韓国で40年以上にわたり当社人工透析関連商品の...

  • ニプロ、欧州における医療機器販売会社を買収

    欧州における医療機器販売会社の株式取得に関するお知らせ  当社グループは、欧州における透析商品を中心とした医療機器事業の成長戦略を加速させるため、当社子会社のニプロヨーロッパN.V.(本社:ベルギー王国、以下「ニプロヨーロッパ社」)が、欧州における医療機器販売会社であるRigi Medizintechnik GmbH(本社:スイス、以下「Rigi社」)の発行済株式の過半数を取得するための株式譲渡契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。 1.買収の背景および目的  当社グループは医療機器事業のグローバル展開を推進しており、欧州市場においてはニプロヨーロッパ社が人工透析関連の医療機器の販売およびサービスの提供...

  • 岡村製作所、確かな治療をサポートするコンフォタブル チェアベッド「Ipsia」を発売

    コンフォタブル チェアベッド「Ipsia(イプシア)」新発売 「心地よさ」と「安心」という発想で、確かな治療とホスピタリティをサポートいたします。  株式会社 岡村製作所は、コンフォタブル チェアベッド「Ipsia(イプシア)」を、2013年11月6日(水)より開催される「オカムラグランドフェア 2013」にて発表・展示し、2014年1月より発売を開始いたします。  人工透析や化学療法が必要な治療は近年増加の傾向にあります。「Ipsia」は、ベッドで長時間過ごすことが日常生活となるような治療に向き合う患者や医療スタッフをしっかりと支える電動のリクライニングチェアです。  治療中に必要となるさまざま...

  • 武田薬品、米国で腎性貧血治療剤OMONTYSを販売開始

    腎性貧血治療剤OMONTYS(R)の米国における販売開始について  Affymax,Inc.(本社:Palo Alto、米国カリフォルニア州、以下「Affymax社」)と武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、以下「武田薬品」)は、このたび、腎性貧血治療剤OMONTYS(R)(一般名:peginesatide)について、武田薬品の100%子会社である武田ファーマシューティカルズUSA株式会社(以下「TPUSA社」)が、米国における販売を開始しましたのでお知らせします。本剤は、米国ではAffymax社とTPUSA社がコ・プロモーションを行います。  米国食品医薬品局(FDA...

  • 矢野経済研究所、人工透析装置の使用状況に関する調査結果を発表

    人工透析関連装置の使用状況に関する調査結果2011 【調査要綱】  矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の人工透析施設に対しアンケート調査を実施した。  1.調査期間:2011年10月〜12月  2.調査対象:国内の人工透析施設 145施設(病院、クリニックなど)  3.調査方法:郵送によるアンケート調査 <人工透析施設の運営に関するアンケート調査とは>  人工透析は患者の生命維持に欠かせない治療方法であり、また、厚生労働省の調べによれば生活習慣に起因する糖尿病性腎症などの患者数や高齢者人口の増加により透析患者数は、およそ30万人に達する勢いにある。しかしながら、少子高齢化時...

  • 東レ、三井物産子会社の日本マイクロバイオファーマに出資

    東レが三井物産子会社の日本マイクロバイオファーマ社に出資参画  東レ株式会社(本社:東京都中央区、社長:、以下「東レ」)と三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:飯島彰己、以下「三井物産」)は、三井物産の完全子会社である日本マイクロバイオファーマ株式会社(本社:東京都中央区、社長:鈴木正暢、以下「MBJ」)の株式20%を東レが取得することに合意し、本日株式譲渡契約書を締結しました。  MBJは長年培ってきた発酵技術にバイオテクノロジーを付加した独自の製造技術により、医薬品(原薬、中間体)の製造・受託製造・販売をしている他、同技術を活用したファイン・スペシャリティ領域の...

  • アンジェスMG、メディキットと新規医療機器の開発製造販売に関する基本合意書を締結

    メディキットとアンジェス MGが新規医療機器の開発製造販売に関する基本合意書を締結 −新しいタイプの薬剤塗布型PTAバルーンカテーテル−  当社は、メディキット株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:栗田 宣文。以下、メディキット)と新しいタイプの薬剤塗布型PTAバルーンカテーテル(以下、本製品)の開発製造販売に関する基本合意書を締結しましたのでお知らせいたします。  本製品は、当社が医薬品として開発中の抗炎症薬剤NF−κBデコイオリゴをPTAバルーンカテーテルの外表面に塗布することにより、バルーン拡張に起因する血管炎症を抑制する事で「再狭窄を予防」する新しいタイプの医...