イマコト

最新の記事から注目のキーワードをピックアップ!

Pickup keyword

JR北海道

北海道旅客鉄道株式会社。 JR旅客鉄道6社の一つ。北海道と青森県内に 2,499.8km の路線網を有する。 路線 函館線 函館本線 江差線 海峡線 愛称:津軽海峡線 札沼線 愛称:学園都市線 千歳線 室蘭線 室蘭本線 石勝線 日高線 日高本線 留萌線 留萌本線 根室線 根室本線 愛称:花咲線(釧路〜根室) 富良野線 宗谷線 宗谷本線 石北線 石北本線 釧網線 釧網本線 主なグループ会社 ジェイ・アール北海道バス(JR北海道バス)

  • JR北海道、氷点下の大自然に出会う旅「冬のひがし北海道周遊紀行」を期間限定で実施

    〜冬こそ“ひがし北海道”。氷点下の大自然に出会う旅。〜 「冬のひがし北海道周遊紀行」を実施します  JR北海道では、平成29年1月20日(金)〜3月31日(金)の間、「冬のひがし北海道周遊紀行」を実施します。  期間中は「SL冬の湿原号」を運転するほか、お得な旅行商品を発売します。  今年の冬は、道中ゆっくりおくつろぎいただける鉄道で、「ひがし北海道」の旅をお楽しみください! ■観光に便利な列車を運転します 1.SL冬の湿原号(SL「C11−171号」で牽引)  ◇運転期間:平成29年1月28日(土)・29日(日)、2月2日(木)〜12日(日)、2月16日(木)〜19日(日)、2月23日(木)...

  • JR東日本、「北海道新幹線開業記念 大人の休日パス」を発売

    【2016年度特別設定】 「北海道新幹線開業記念 大人の休日パス」まもなく発売開始!! 〜道東・道北をはじめ北海道内各地へのご旅行を紹介します〜  ○JR東日本では50歳以上のシニア会員組織「大人の休日倶楽部」を展開しており、200万人以上の方に「会員限定のきっぷ、ツアーやイベント」、「カルチャースクール趣味の会」等の各種サービスを提供しています。  ○このたび、2016年3月26日の北海道新幹線の開業を記念し、JR北海道と連携し、JR東日本・JR北海道全線が26,000円で5日間乗り放題となる会員限定のおトクなきっぷ「北海道新幹線開業記念 大人の休日パス」を7月29日より発売します。  ...

  • イオンリテール、「日本のおいしさ再発見」をテーマにした「イオンの恵方巻」を発売

    “旬の高級魚”から“ご当地”具材、“北海道新幹線”にちなんだものまで イオンの恵方巻は「日本のおいしさ」をとことん味わう最大21種類! 1月29日まで予約承り、2月2日・3日店頭販売  イオンリテール株式会社は、2月2日、3日の2日間、本州・四国の「イオン」「イオンスタイル」約350店舗で「イオンの恵方巻」を販売します。  今年は、「日本のおいしさ再発見」をテーマに最大21種類の恵方巻をご提案します。旬の厳選素材にこだわった恵方巻や、地域別のじもの素材を巻いた恵方巻、また、3月26日の北海道新幹線開業に先駆けJR北海道の協力により実現した恵方巻などを揃えました。 <イオンの恵方巻は...

  • 東武鉄道、17年度メドに日光・鬼怒川地区で約50年ぶりに蒸気機関車(SL)を復活

    栃木・福島エリアの支援活性化の一助となることを目指して 蒸気機関車(SL)の復活を目指します(2017年度目途) 〜約50年ぶりのSL復活で日光・鬼怒川地区の活性化を推進します〜  東武鉄道(本社:東京都墨田区)では、「東武グループ中期経営計画2014〜2016」で掲げている「日光・鬼怒川地区等沿線観光地の活力創出」のための有力な選択肢の一つとして、2017年度からを目途に日光・鬼怒川地区において、北海道日高郡新ひだか町のご協力をいただき、JR北海道所有のSL車両「C11形207号機」を借り受け、1966年以来、約50年ぶりの蒸気機関車(SL)の復活を目指します。  概要は以下のとおりです。 ...

  • JR東日本、「新幹線回数券(はやぶさ)」の設定区間を追加

    〜より便利に・より使いやすく〜 新幹線回数券(はやぶさ)の設定区間を追加します!  「はやぶさ」「こまち」など東北新幹線すべての列車がご利用いただける回数券としてご好評の「新幹線回数券(はやぶさ)」の設定区間に、2014年9月1日から新たに「東京(都区内)⇔一ノ関」「東京(都区内)⇔北上・新花巻」の2区間を追加し、より便利に・より使いやすくします。 ○新たに設定区間を追加する商品  「新幹線回数券(はやぶさ)」  2014年9月1日から、新たに「東京(都区内)⇔一ノ関」「東京(都区内)⇔北上・新花巻」の2区間を追加します。  *参考資料は添付の関連資料を参照 (主なご利用条件等...

  • 帝国データバンク、JR北海道グループの取引先実態調査結果を発表

    特別企画:「JR北海道」グループの取引先実態調査 JR北海道グループが主要取引先、国内に約900社 〜うち北海道が約8割、道内経済への影響懸念〜 <はじめに>  相次ぐ不祥事に揺れる北海道旅客鉄道(JR北海道)。本業の鉄道事業は多数のローカル線を抱え、構造的な赤字体質が続いている。このため、近年は多角化を進め、ホテル・飲食業から流通・商業施設、不動産・レジャー、建設、サービス業などを全道各地で展開している。道内での当社グループの存在感は大きく、今後の経営動向次第によっては影響を受ける取引先も少なくない。  帝国データバンクは、自社データベース・企業概要ファイル「COSMOS2」(144万社収録)...