イマコト

最新の記事から注目のキーワードをピックアップ!

Article Detail

シャープ、ダニのアレル物質低減に最適なプラズマクラスターイオン発生機を発売

2014-11-19

イオン濃度が当社従来比約4倍(※2)、ダニのアレル物質低減(※3)に最適
プラズマクラスターイオン発生機<IG−GA130>を発売

 ・ロゴは添付の関連資料を参照

 シャープは、当社従来比約4倍(※2)のイオン濃度100,000個/cm3(※4)の空間を実現し、ダニのアレル物質低減(※3)に最適なプラズマクラスターイオン発生機<IG−GA130>を発売します。
 住宅の高気密化に伴い、ダニが繁殖しやすい環境になり、ダニのふん・死がいといったアレル物質にお困りのご家庭が増えています。このようなご家庭では、清潔な環境を保つために掃除や寝具の洗濯などを、こまめにされています。
 本機は、イオンの発生量を高めたプラズマクラスターイオン発生デバイスを新たに開発、高濃度でも安全性が確認(※5)されているプラズマクラスターイオンの濃度を、約8畳(約13m2)の空間において100,000個/cm3(※4)まで高めました。加えて、ベッドやカーペットなどに付着した、もしくは舞い上がったダニのアレル物質を低減(※3)するために上下2つの吹出口を設け、寝室や子ども部屋などの空気環境を整えます。
 また、24時間の生活シーンに合わせて最適運転に切り替える「おまかせ運転」を搭載。たとえば、人感センサーで人がいないことを検知すると自動で最大風量運転になるので、留守の間にお部屋にあるダニのアレル物質を低減(※3)することが可能です。
 本製品の販売は、調剤薬局ほか医療・衛生サービス関連企業での展開を予定しています。
 発売に先がけて、11月13日より当社会員サイト“SHARP i CLUB”にて無料貸出モニター(*)を募集いたします(※6)。ダニのアレル物質にお困りのご家庭を対象にモニターを実施し、ご意見やご感想をフィードバックいただくことで、今後の製品開発やマーケティングに活用してまいります。
 当社は、今後もプラズマクラスター搭載商品のさらなる普及拡大を図り、健康で快適な生活環境づくりに貢献してまいります。

 品名:プラズマクラスターイオン発生機
 形名:IG−GA130−W(ホワイト系)
 希望小売価格:200,000円+税
 発売日:1月中旬
 月産台数:受注生産

■主な特長
 1.イオン濃度を当社従来比約4倍(※2)に高め、ダニのアレル物質低減(※3)に最適
  (1)新開発のイオン発生デバイスにより、イオン濃度100,000個/cm3(※4)の空間を実現
  (2)2つの吹出口を設け、ベッドやカーペット付近に付着したダニのアレル物質も低減(※3)
 2.24時間の生活シーンに合わせて自動で最適運転に切り替える「おまかせ運転」を搭載

 ※1プラズマクラスターロゴ(図形)およびプラズマクラスター、Plasmaclusterはシャープ株式会社の登録商標です。
 ※2IG−GA130風量最大運転時100,000個/cm3 ※4と、2014年発売PF−GTH1風量最大運転時25,000個/cm3(※4)の比較。
 ※3詳細は2ページをご確認ください。
 ※4商品を壁際に置いて、風量最大運転時に、適用床面積の部屋の中央付近(床上から高さ1.2m)の地点で測定した空中に吹き出される1cm3当たりのイオン個数の目安です。
 ※5GLP(優良試験所基準)に適合した試験施設で、信頼性の高い安全性データを取得しています。詳細は3ページをご確認ください。
 ※6“SHARP i CLUB”への会員登録(無料)が必要です。“SHARP i CLUB”に関する情報は、下記ホームページをご覧ください。
  (https://iclub.sharp.co.jp/

■特長
 1.イオン濃度を当社従来比約4倍(※2)に高め、ダニのアレル物質低減(※3)に最適
  (1)新開発のイオン発生デバイスにより、イオン濃度100,000個/cm3(※4)の空間を実現プラズマクラスターイオンの発生エリアを拡げ、イオンの発生量を高めた第8世代プラズマクラスターイオン発生デバイスを開発。高濃度でも安全性が確認(※5)されているプラズマクラスターイオンを効率良く風に乗せる風路設計により、約8畳(約13m2)の空間において、当社従来比約4倍(※2)となるイオン濃度100,000個/cm3(※4)を実現しました。

 ・参考画像は添付の関連資料「参考画像1」を参照

  (2)2つの吹出口を設け、ベッドやカーペット付近に付着したダニのアレル物質も低減(※3)
  ダニのアレル物質はベッドやカーペット付近に多く、室内で人が動くと舞い上がり、小さいものだと数時間浮遊し続ける場合もあります。
 下の吹出口からベッドやカーペット付近に多いダニのアレル物質に、上の吹出口から舞い上がったダニのアレル物質に向け、プラズマクラスターイオンを放出します。これにより、付着したダニのアレル物質と浮遊したダニのアレル物質を低減(※3)します。

 ・参考画像は添付の関連資料「参考画像2」を参照

 ※3<浮遊アレル物質>●試験機関:ITEA(株)●試験方法:試験空間にてプラズマクラスターイオン発生機器を風量最大で運転し、浮遊ダニのアレル物質(Der p1)の量をELISA法で測定。●試験報告書:14M−RPTJUL026■試験結果:自然減衰と比較して、約150分後に捕集気体中のアレル物質量が99%低減。
   <付着アレル物質>●試験機関:(株)ビオスタ●試験方法:吹出口から約1.5mの位置にダニのアレル物質を付着させた樹脂板を設置し、プラズマクラスターイオン発生機器を風量最大にて運転。一定時間後回収し、付着ダニのアレル物質の量をELISA法で測定。■試験結果:自然減衰と比較して、約24時間後に70%以上低減。

 2.24時間の生活シーンに合わせて自動で最適運転に切り替える「おまかせ運転」を搭載
 人感センサーと時計機能で、生活シーンに合わせて運転を自動で制御し、24時間最適な空気環境づくりをサポートします。たとえば、人がいなくなると自動で最大風量運転になるので、留守の間にお部屋にあるダニのアレル物質を低減(※3)することが可能です。また、あらかじめ設定した就寝時間になると自動で風量を抑え、静かな「おやすみ運転」に切り替えます。
 (運転音:風量1運転時20dB。風量最大運転時43dB。)

 ・参考画像は添付の関連資料「参考画像3」を参照

 3.花粉キャッチフィルター(※7)を採用
 ふとんを上げ下ろしするときなどに舞い上がる花粉やホコリを、「花粉キャッチフィルター」が捕集します。

 ※7約10μm(スギ花粉の大きさ:約30μm)以上の「花粉」や「ホコリ」などを約80%(当社調べ)捕集するフィルターです。日本電機工業会(JEM1467)とは異なります。

 ・参考画像は添付の関連資料「参考画像4」を参照

 4.ウイルスが生存しやすい温度・湿度をみはってお知らせ「乾燥・低温みはり」
 ウイルスが生存しやすい乾燥・低温の環境になると、加湿やエアコンの使用のタイミングの目安を光と音でお知らせします。また、夏には「高温・高湿みはり」で温度・湿度の上昇をみはってお知らせします。

 ※8空気中に放出されたウイルスの各環境下における6時間後の生存率。

 ・参考資料・リリース詳細は添付の関連資料を参照

 ・製品画像は添付の関連資料を参照


 ■プラズマクラスターイオン発生機<IG−GA130−W>の無料貸出モニター(*)を募集
 1.無料貸出モニター募集期間:2014年11月13日(木)16:00 〜 2014年11月24日(月)23:59
 2.募集サイト:https://iclub.sharp.co.jp/aig

 *無料貸出モニター
 当社が運営する“SHARP i CLUB”会員様向けのサービス。(会員登録無料)
 ご応募いただいた中から30世帯を当社で選定します。(各世帯1台)
 モニター終了後、商品は当社へ返却いただきます。(送料は当社で負担)


【お問い合わせ先】
 お客様:お客様相談センター
 フリーダイヤル 0120−078−178


この記事に関連するキーワード

プラズマクラスター ウイルス

Related Contents

関連書籍

  • 死ぬまでに行きたい! 世界の絶景

    死ぬまでに行きたい! 世界の絶景

    詩歩2013-07-31

    Amazon Kindle版
  • 星空風景 (SKYSCAPE PHOTOBOOK)

    星空風景 (SKYSCAPE PHOTOBOOK)

    前田 徳彦2014-09-02

    Amazon Kindle版
  • ロンドン写真集 (撮影数100):ヨーロッパシリーズ1

    ロンドン写真集 (撮影数100):ヨーロッパシリーズ1

    大久保 明2014-08-12

    Amazon Kindle版
  • BLUE MOMENT

    BLUE MOMENT

    吉村 和敏2007-12-13

    Amazon Kindle版